相模原の地に産婦人科として開業し、約半世紀。心の贅沢出産をモットーに地域に根ざした医療を行っております。

トップ>診療のご案内>産科>産科外来について

産科外来について

産後検診 胎児心臓超音波検査 産科手術 4Dエコー 分娩について 出産前検査
くわしく知りたい項目をクリックしてください。
出産前検査 4Dエコー
胎児心臓超音波検査 分娩について
産科手術 産後検診

出産前検査

当院では、超音波検査・母体血清マーカー検査(クアトロテスト)・羊水検査を行っています。ご希望の方は、担当医にお申し出ください。

超音波検査

妊婦健診中ほぼ毎回受けていただいている超音波検査。
妊娠24〜34週にカラードップラー法による超音波精密検査を追加することで、胎児心臓疾患を含め、胎児の形態異常を詳しく診断しています。ただし、染色体や遺伝子の異常、各臓器の成熟度や機能異常についてはほとんどわかりませんのでご了承ください。

※患者様には知る権利に加え、知りたくない権利もございます。もし知りたくない場合にはあらかじめ担当医にお伝え頂きますようお願い申しあげます。その場合はスクリーニングした場合もご本人にはお伝えしない方針とさせていただきます。尚、特に訴えがない場合は知る権利を重視した医療方針とさせていただ きます。

母体血清マーカー検査(クアトロテスト)

母体の血液を10ml程度採取し、血中にある4つの成分を分析して、染色体異常と開放性神経管奇形(二分脊椎や無脳症など)を確率診断するスクリーニング検査です(妊娠15週)。胎児に対して非侵襲的ですので、安心して検査をお受けになっていただくことができます。

羊水検査

羊水中の胎児浮遊細胞から染色体分析法により、ダウン症などの染色体異常を確定診断する検査です(妊娠16〜18週まで)。子宮に直接針を刺して羊水を採取するため、侵襲的な検査といえます。検査により0.3%の流産が生じうることが報告されております。

ページトップ

4Dエコー

おなかの中の赤ちゃんの動きや表情を、3次元映像で立体的に見ることができます。妊娠中でしか得られない貴重な思い出の映像。ぜひ一度いかがですか?

【実施時期の目安】

妊娠27週〜30週
顔を中心に写したい場合は妊娠27週頃をお勧めします。
日時など詳細は「ホスピタルからのお知らせ」にてご確認ください。

ページトップ

胎児心臓超音波検査

当院では、出生前に胎児心臓疾患等スクリーニング目的で、一般的超音波検査に加えて、妊娠20週あるいは30週前後にカラードップラーによる超音波精密検査を行っています。

※患者様には知る権利に加え、知りたくない権利もございます。もし知りたくない場合にはあらかじめ担当医にお伝え頂きますようお願い申しあげます。その場合はスクリーニングした場合もご本人にはお伝えしない方針とさせていただきます。尚、特に訴えがない場合は知る権利を重視した医療方針とさせていただ きます。

ページトップ

分娩について

当院は、産婦さん自身が「いいお産ができた」と心から満足いただける、自然なお産を追究しています。
積極的な意識で、いいお産を経験すると、その後の育児にも前向きに取り組むことができるからです。当院では、最新医学をとり入れて、十分な監視のもとに、母児ともに安全で満足いただけるお産のお手伝いをさせていただきます。

無痛分娩

麻酔(当院では硬膜外麻酔)を使ってお産の疼痛を軽減し分娩する方法です。
子宮収縮や子宮口開大に伴う痛み、出産時の腟・会陰の痛みを脳に伝える神経をブロックします。当院での分娩妊婦さんの7割の方が選択されており、満足していただいております。
ある程度の圧迫感などは残しますからご自身で出産した満足感も失われません。局所麻酔のため、産婦さんは赤ちゃんのうぶ声を聞くことも、誕生直後に赤ちゃんを抱くこともできます。

早期母児接触

通常の出産で生まれた赤ちゃんを分娩室でお母さんがだっこすること。母子が直接肌を触れ合うことで、母乳の分泌が促進される、母子の絆が深まるなどの効果があります。
出産直後の赤ちゃんは呼吸や循環の機能が不安定であるため、短時間だけおこなっています。

立会い分娩

原則的には、ご主人さまとご実家のお母さまはLDRにご案内できます。産婦さんへの励ましと、出産の喜びをご家族で分かち合っていただくことを目的としています。

※必要な医学的処置の妨げとなるような行為が見受けられる場合には入室をお断りさせていただきます。

帝王切開

経腟分娩が不可能な場合や、経腟分娩では危険性が高いと判断された場合に、おなかを切って、赤ちゃんを取り出す方法です。胎児の大きさや母体の健康状態などから診断し、陣痛が起きる前に計画的に行う「選択的(予定)帝王切開」と、お産の途中でトラブルが発生し、母子が危険と判断されたときに行う「緊急帝王切開」があります。
当院では24時間体制で緊急帝王切開に対応しております。

医療連携(母体搬送・新生児搬送)

ハイリスク症例の分娩管理や新生児の重篤な症例について、神奈川県立こども医療センターや北里大学医学部附属病院を中心とした神奈川県母体・新生児救急搬送システムに基づき、緊急時には速やかに搬送することができます。

ページトップ

産科手術

帝王切開術

経腟分娩が不可能な場合や経腟分娩では危険性が高いと判断された場合に、おなかを切って、赤ちゃんを取り出す方法です。大きく分けると2種類あります。

  1. 選択的(予定)帝王切開術
    あらかじめ計画的に行う帝王切開です。逆子(骨盤位)・双胎(ふたご)・前置胎盤・児頭骨盤不均衡・前回帝王切開などが該当します。
  2. 緊急帝王切開術
    お産の途中でトラブルが発生し、母子が危険と判断された時に行います。当院では24時間体制で対応しております。胎児機能不全・胎盤早期剥離・妊娠高血圧症候群・分娩進行障害などが該当します。

【麻酔法】

当院の帝王切開術は、脊椎麻酔または硬膜外麻酔(またはその両方)のもとで行います。
いずれも部分麻酔なので手術中でも意識があり、術中に赤ちゃんとご対面することができます。出産後、お母さんには鎮静剤で眠っていただくことがあります。また、術中必要に応じて、全身麻酔に切り替える場合もございます。いずれも、赤ちゃんに影響がでることはありませんのでご安心ください。

【お腹の切開方法】

縦切開・横切開希望に応じて行います。今後3人以上出産される予定がある方には、癒着しても次回帝王切開時、術野の展開が容易で合併症の少ない縦切開をお勧めしております。緊急帝王切開で赤ちゃんを早くとり出す必要がある場合や、子宮筋腫などのために術野を広く展開する必要がある場合には、縦に切開します(縦切開)。以前に帝王切開な どで下腹部を切開している場合は、前の傷跡を切り取るように切開します。

【手術後疼痛管理】

当院では、術後の疼痛緩和に配慮しております。超緊急帝王切開を要した時以外は硬膜外麻酔のカテーテル(細いチューブ)をつけたまま手術室から帰室します。これに麻酔薬を充填したバックを接続し自動注入させることで、疼痛緩和に貢献しております。必要に応じて、注射薬や座薬も併用することで、快適にお過ごしいただけるようケアしております。

子宮頚管縫縮術

頚管無力症の治療として行われる手術です。予防的に施行する場合は、当院ではシロッカー法にて妊娠14〜16週の時期に手術しております。入院期間は1週間以内です。手術を受けたほとんどの妊婦さんは、縛った糸を妊娠10ヶ月で抜糸しております。

産科分娩後不妊手術(卵管結紮術)

経腟分娩後2日後あるいは帝王切開分娩中に行う、避妊目的の手術です。手術時間は30〜40分程で、保険適応はなく、分娩費用以外に別途費用がかかります。ご希望の方は担当医にご相談ください。

ページトップ

産後検診

産後母子1週間後健診およびベビー1ヶ月健診

お母さんの産後の身体の回復状態と、赤ちゃんの栄養・発育状態・運動機能の発達をチェックします。ベビー健診は毎週木曜日新生児専門医が担当し、予約制で行っております。
母子手帳・診察券・赤ちゃんの着替え・おむつなどをご準備ください。以後も、ベビーに関しては必要に応じて、6ヶ月後健診、1年後健診と仁志田名誉院長が発達などをフォロー致します。

【赤ちゃんの主なチェック事項】

  • 体重、身長、頭囲、胸囲、黄疸、斜頸、内臓の異常、心雑音、股関節脱臼、頭部チェック
  • モロー反射ほか反射反応など
  • ヘパプラスチンテスト

【お母さんの主なチェック事項】

  • 血圧、尿検査
  • 子宮復古、悪露
  • 授乳状態
  • 必要に応じて血液検査(貧血、肝、腎)
  • 必要に応じて超音波検査

産後3ヶ月後にその後の悩み事の相談に加え、子宮頸癌検査受診を勧めております。

ページトップ

診療のご案内

  • 診療・面会時間について
  • 産科
    • 初めてのお産をお考えの方へ
    • 産科外来について
    • 分娩入院のご案内
    • 分娩入院生活
    • プレママサロン
    • 育むサロン
  • 婦人科
  • 医師のご紹介
快適で安全な医療
内視鏡(腹腔鏡)手術について
心の贅沢出産
育むサロン
トラットリアJISEIKAI
初めてのお産をお考えの方へ
CHARITY ACTION
© Jiseikai Maternity Hospital