相模原の地に産婦人科として開業し、約半世紀。心の贅沢出産をモットーに地域に根ざした医療を行っております。

トップ>診療のご案内>婦人科>更年期外来

更年期外来

卵巣の機能が衰え、女性ホルモンの分泌が低下することによって、さまざまな不快な症状が現れます。

通常、50歳前後で閉経を迎えるため、45〜55歳くらいの期間を更年期と呼びます。
更年期症状は、少なくなった女性ホルモンを察知して脳の司令塔(視床下部)が,頑張ってしまって、その結果、逆に自律神経のコントロールがうまくいかなくなる、いわば脳のオーバーワークによって起こります。

症状や程度は、人によってさまざまです。
まったく感じない人もいますが、80%の女性が経験するといわれています。
症状が強い場合には、サプリメントや漢方、またホルモン療法などを行います。
また女性ホルモンは、骨量や脂質代謝と密接な関係がありますから、女性ホルモンの低下によって骨粗鬆症やメタボリックシンドロームなどの病気も 大変おこりやすくなります。定期的な健診をうけ、早めの予防と治療を心がけましょう。

誰にも訪れる年齢的変化であることを理解し、少しでも快適に過ごせる工夫をしてみましょう。症状を周囲に説明し理解を促すことも大切です。

ページトップ

診療のご案内

  • 診療・面会時間について
  • 産科
  • 婦人科
    • 一般婦人科外来
    • がん検診
    • 内分泌・思春期外来
    • 不妊症外来
    • 更年期外来
    • 家族計画
    • 婦人科手術全般
    • 人工妊娠中絶相談
  • 医師のご紹介
快適で安全な医療
内視鏡(腹腔鏡)手術について
心の贅沢出産
育むサロン
トラットリアJISEIKAI
初めてのお産をお考えの方へ
CHARITY ACTION
© Jiseikai Maternity Hospital